不安なく平穏な日々を過ごす為には、生活の土台を確かに築くことだと思います。

  日々生活を行っていく土台である家庭で何か悩み事があると他の何かをしていても頭の片隅に

 不安がよぎり、どうしても平穏な日々を送ることが難しくなってしまうでしょう。

  それは、とても辛いことだと思います。

  しかし、多くの場合、そこには解決の道が残されています。

  不安や辛さをすべて打ち明け、共に解決への道を歩んでいきませんか?

1 離婚事件

家庭の悩みで最も多いのが、家庭の核である夫婦としてうまくいっておらず、その上手く行っていないことが負のスパイラルを描き、辛さに変わっているということです。

パートナーからの暴力や暴言、決定的なすれ違い等様々なことが考えられます。

そういった事態を抜本的に解決する為に離婚という道を進むというのも選択だと思います。

ただ、離婚に向けて進もうにも今後の生活の目途が立たないということや、辛いことは辛いが離婚の決心まではついていないということもあるでしょう。

そういった場合にも、多くの場合で弁護士を使って頂ければお悩みを解決する為に出来ることがございます。弁護士を入れて円満な解決を図る道もあるのです。

だから、どうか家庭の悩みを抱え込まず、ぜひその辛さを打ち明けて下さい。

2 慰謝料請求

夫や妻が不倫をした。文字にすると簡単なことのように見えます。テレビドラマ等でもまるで美しいものかのように描かれることもあります。

しかし、家庭・生活に与える影響というのは、仮に離婚という結論にならなかったとしても相当に大きいものです。信頼関係を破壊し、簡単なことで疑心にとらわれるということも数多くあります。

にも拘わらず、解決手段としては、多くの場合、金銭的請求という形になってしまいます。そこに安心や平穏は考慮されないことが大半です。しかし、金銭的解決であっても必ずしも今後の信頼関係を回復したりや安心を取り戻す手段がない訳ではありません。

貴方が真の意味で取り戻すためのお手伝いをさせて下さい。

反対に過ちを犯してしまった人にとっても、過ちを犯さざるを得ない何かがあったことは理解しております。ですので、真に関係者が皆平穏な日々を取り戻せるよう過ちを犯してしまった側の方のご相談もお受けしておりますので何かの際には遠慮なくお尋ねください。

3 弁護士費用目安

A 離婚事件

 1 着手金

   30万円

 2 実費(定額)※訴訟印紙代を除く

   5万円

 3 成功報酬

  ⑴ 離婚又は円満解決時

    30万円

  ⑵ 経済的利益の10%

 

B 慰謝料請求事件

 1 着手金

   20万円

 2 実費(定額)※訴訟印紙代を除く

   5万円

 3 成功報酬

   経済的利益の20%